PR
PR

<書評>新選組の料理人

門井慶喜著

組織と個人 理想の関係問う
評 末國善己(文芸評論家)

 『銀河鉄道の父』で直木賞を受賞した門井慶喜の受賞後第1作は、新選組といえば剣というイメージを覆し、料理人の視点で新選組をとらえた異色の連作集である。これは今までにない角度で新選組を切り取った『新選組颯爽(さっそう)録』を発表している著者の面目躍如といえるだろう。

 京で妻子と暮らす菅沼鉢四郎は、料理しか取りえがないので家事を担当し、妻が外で働いていた。この平穏な生活は蛤御門の変による大火で一変する。長屋が焼け、妻子とはぐれた鉢四郎はすべてを失ってしまった。

 新選組が被災者のために始めた炊き出しを食べた鉢四郎は、味のひどさに「まじい」といってしまう。炊き出しを指揮する原田左之助に改善案を出した鉢四郎は、強引に新選組に入隊させられ料理を作ることになる。

 鉢四郎が、炊き出しで高価な銀しゃりのにぎりめしを配ったことが思わぬ騒動に発展する「新選組の料理人」は、被災者支援やボランティアのあり方に迫った現代的なテーマが光る。

 結婚直後の左之助の周囲で謀略が進められる「結婚」、左之助の生まれたばかりの息子が誘拐され、容疑者にされた鉢四郎が真相を追う「乳児をさらう」は、ミステリーでデビューした著者らしく、二転三転する終盤には圧倒されるのではないか。

 剣の達人であり、新選組隊士として何度も死線をくぐった左之助だが、妻子ができたことで死を恐れるようになっていた。やはり妻子がいる鉢四郎は左之助の変化に気付くが、組織に絶対の忠誠を誓わせる新選組は、臆病な隊士など認めなかった。

 新選組が求める人材とはかけ離れたものの、新選組を抜けられない左之助は、いまだに私生活より仕事を優先しがちな日本人に、組織と個人はどのような関係にあるのが理想なのかを問い掛けているように思えた。

 新選組は箱館戦争の敗戦で壊滅したとされるが、著者はもっと早く解隊していたとする。家族への愛で弱くなった左之助と弱体化し滅びゆく新選組を重ねたラストは強く印象に残る。(光文社 1620円)

<略歴>
かどい・よしのぶ 1971年生まれ。著書に「マジカル・ヒストリー・ツアー」など

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る