PR
PR

【千歳市】ハンバーグレストラン アルヒコ

肉汁じゅわーっ 絶妙な焼き加減

 千歳市の住宅街にある「アルヒコ」は、地元産牛肉を100%使ったハンバーグ専門店。キャリア20年以上の料理人、脇坂治さん(45)と接客担当の美奈子さん(43)夫妻が2016年に開店した。

 使っているのは市内で牛の繁殖から食肉加工までを手がける「田村牧場」の牛肉。手間をかけて健康に育てられた牛の肉だという。脇坂さんは「初めて食べた時、こんなにおいしい肉があるのかと衝撃を受けました。全身のいろいろな部位をバランスよく組み合わせてひき肉にしているので、味にコクと深みがあるんです」とぞっこん。その味をストレートに伝えたいと試行錯誤を重ね、牛肉と卵、塩だけで作るハンバーグにたどり着いた。

 メニューは、デミグラスソースをかけた定番をはじめ、チーズや八丁みそ、塩こうじのソースをかけたものなど14種類。中でもアボカド2分の1個がのった「アボカドハンバーグ」は女性に人気が高い。ハンバーグメニューはいずれもご飯とスープが付き、ランチタイムには、地物野菜を中心にしたサラダや煮物など3、4種がビュッフェ形式でサービスされる。

 訪れた日のランチは、葉物野菜やコールスローなどが並び、新鮮野菜がたっぷり楽しめた。そこに熱々の鉄板に載ったハンバーグが登場。ナイフを入れたとたんに肉汁がじゅわーっ。肉本来の味を引き出すためミディアムレアで提供している。やわらかいのに適度な弾力があり、絶妙な焼き加減だ。かむたびに凝縮された牛肉のうま味が口に広がる。とろりとしたアボカドの濃厚な風味と、山わさび入りの自家製マヨネーズ、しょうゆベースのソースが見事に絡み、和洋折衷のくせになる味わいだ。

 「この肉がなければできない料理。肉のレベルに負けないように、研究を続けます」と脇坂さん。地元素材を生かした地産地消の味にファンが増えている。

住所 千歳市北陽1
電話番号 0123・25・9940
営業時間 午前11時~午後3時、午後5~8時。品切れの場合、早じまいあり
休日 火曜定休
主なメニューと料金 ハンバーグは150グラム1200円~。 「アボカドハンバーグ」(150グラム)1400円 (200グラム)1600円 (300グラム)2000円
総席数 18席(全席禁煙)
駐車場 5台

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る