PR
PR

将棋の王位戦24日から第2局

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑戦する第59期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の第2局が24、25日、神戸市北区、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑(ずいえん)」で指される。

 第1局は先手・菅井が中飛車に構え、終始主導権を握って豊島の粘りを許さず快勝した。一方の豊島は17日、第89期ヒューリック杯棋聖戦5番勝負第5局で羽生善治前棋聖(47)を破り、悲願の初タイトルを獲得し勢いに乗る。

 立会人は福崎文吾九段。持ち時間は各8時間で、初日は午前9時に始まり午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の25日は午前9時に再開し、夜までに勝敗が決まる見通し。対局の模様は「どうしん電子版」(https://www.hokkaido-np.co.jp)で伝える。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る