PR
PR

御嶽初制覇、13勝1敗 関脇3年ぶり、両大関5敗

 大相撲名古屋場所14日目(21日・ドルフィンズアリーナ)単独トップの関脇御嶽海が平幕栃煌山を寄り切り、13勝1敗で初優勝を飾った。関脇の優勝は2015年夏場所の照ノ富士以来3年ぶり、日本勢の制覇は昨年春場所の横綱稀勢の里以来8場所ぶりとなった。

 東洋大出身の御嶽海は初土俵から21場所目で、年6場所制となった1958年以降、出島と並び3番目の速さ。平成生まれの日本出身力士で初。

 大関豪栄道は関脇逸ノ城の引き落としに屈し、大関高安は豊山に押し出され、ともに5敗目。逸ノ城は7勝目、豊山と朝乃山は11勝目を挙げた。十両は貴ノ岩が勝ち、1敗で単独首位を守った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る