PR
PR

矢臼別訓練、安全対策徹底を要請 道と地元4町

[PR]

 陸上自衛隊矢臼別演習場(根室管内別海町など)で8月1~10日に在沖縄米海兵隊の実弾射撃訓練が行われるのを前に、道と演習場周辺4町は20日、道防衛局に安全対策の徹底などを求める要請書を提出した。

 道と別海、釧路管内厚岸、浜中、標茶の4町でつくる「矢臼別演習場関係機関連絡会議」が、夜間の実弾射撃を行わないことや訓練内容の事前説明などを要請。道防衛局は「安全管理に万全を期す」などと応じた。13年には砲弾が演習場外に着弾する事故もあり、阿部啓二副知事は要請後の取材に対し「訓練を実施するには住民の安全安心の確保が何よりも重要」と述べた。

残り:77文字/全文:344文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る