PR
PR

暴行のマフィ選手が帰国 「心配おかけした」

 スーパーラグビー、レベルズ(オーストラリア)のニュージーランド遠征中に同僚選手に暴行した疑いで一時拘束された日本代表ナンバー8アマナキ・レレイ・マフィ選手が19日、成田空港に帰国した。日本で所属するトップリーグ、NTTコミュニケーションズのスタッフの出迎えを受け、スタッフを通じて「このたびは日本の皆さまにご心配をおかけしました」とコメントした。

 マフィ選手は16日にニュージーランドの裁判所に出廷し、保釈が認められた。8月3日に尋問を受ける予定。

 NTTコミュニケーションズの事情聴取は7月20日以降に行われる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る