PR
PR

関西大に労基署が再三の是正勧告 小中高教職員への残業代未払いで

 学校法人「関西大学」(大阪府吹田市)は19日、同府高槻市の高等部、中等部、初等部の教職員の労働時間が適正に把握されていないとして、未払い賃金を支払うよう、茨木労働基準監督署から是正勧告を受けたと発表した。勧告は18日付で、昨年4月以降3度目。

 法人によると、早朝出勤の業務命令がない日に、教職員が午前8時20分の始業時刻前に働き、手書きの業務日報に勤務実態が記入されていても、法人側は残業代を支給していなかった。今後法人が、対象となる教職員計62人が業務日報を利用していた昨年5~11月の労働実態を調査する。62人の大半が不支給に該当するとみられる。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る