PR
PR

路上ピアノ100人の響き 8月25日小樽サンモールなどでイベント ふるさとづくり大賞記念 実行委「音楽あふれる街に」

 100人がストリートピアノを演奏するイベント「路上100人ピアノ」(実行委主催)が8月25日午後2~8時、小樽市中心部で開かれる。プロ、アマを問わず、商店街のサンモール一番街(稲穂1)とJR小樽駅前に設置されたピアノを2分ずつ順番に演奏する。

 小樽サンモール一番街商店街振興組合(三ツ野篤久理事長)の有志が、昨年度の総務省「ふるさとづくり大賞」受賞を記念して初めて企画した。

 当日はJR小樽駅前にもピアノを置き、多くの人に商店街に立ち寄ってもらう狙い。「サンモール ストリートピアノ ジャンボリー 2018」と題し、高島越後盆踊り保存会の舞や市内の中高生による吹奏楽、スウィングダンスの催しも用意する。

 ふるさとづくり大賞は、自由に弾けるピアノを置くにぎわい作りの取り組みが評価された。事務局の荒沢之博さんは「音楽が日常にあふれる街を作りたい。ピアノを始めた3歳の子どもでもいい。多くの人に参加してほしい」と話す。

残り:189文字/全文:597文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る