PR
PR

日航機事故遺族、夫への思い歌に 「幸せなときありがとう」

 1985年の日航ジャンボ機墜落事故で夫を亡くした大阪府箕面市の谷口真知子さん(70)が、悲しみを乗り越えた自身の経験をテーマにした歌「茜空」を歌手北川たつやさん(33)と制作し、18日に地元の箕面市立東小で児童らの合唱にのせて初披露した。8月、CDを発売する予定。

 「涙は枯れることはないけど 失った以上に新しい光が差した 幸せなときありがとう」。披露会で6年生約90人と北川さんが力強い歌声を響かせた。亡き夫への感謝を込めた前向きな歌詞。題名は事故が起きた8月12日の夕暮れ空にちなんだ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る