PR
PR

ライチョウひな3羽目死ぬ、栃木 那須の動物園、残り1羽に

 栃木県那須町の動物園「那須どうぶつ王国」は18日、人工繁殖に取り組む国の特別天然記念物で絶滅危惧種の「ニホンライチョウ」のひな1羽が17日に死んだと発表した。13日と16日にも1羽ずつ死んでおり、同園の人工繁殖で今月ふ化した4羽のうち、残るひなは1羽となった。

 園は「原因は分からない」としており、外部の研究機関に依頼し、詳しく調査する方針。

 園によると、17日に死んだひなは11日に生まれた。15日まで異常は見られなかったが、16日ごろから弱り始めた。残る1羽は元気だが、体重増加に不安定さがあるという。担当者は「注意深く観察する」と話している。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る