PR
PR

マレー機撃墜、偽情報急増 EU発表、親ロ側が発信

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)が運営する偽情報対策組織は、2014年にウクライナ東部の親ロシア派支配地域で起きたマレーシア航空機撃墜から4年となった17日、墜落に絡むインターネット上やメディアの偽情報が今年5~6月に急増し、少なくとも89件に達したと発表した。発信源はプーチン政権寄りのメディアや人物としている。

 オランダ主導の合同捜査チームは5月24日、同機を撃墜した地対空ミサイルはロシアからウクライナ側に搬入されたと発表したが、ネットでは「撃墜したのはウクライナ」「捜査チームはロシアをおとしめようとうそをついている」といった主張があふれている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る