PR
PR

登別市長、25日から入院 復帰は8月末

 【登別】登別市の小笠原春一市長(51)は17日、心臓のカテーテル手術を受けるため25日から入院すると公表した。期間は2週間を予定し、自宅静養後、8月末までに復帰する方針だ。

 小笠原市長は2017年2月に急性大動脈解離のため入院した。その際、段階的に心臓の血管補強手術を受けるべきだと医師に助言されたという。

残り:84文字/全文:238文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る