PR
PR

将棋、豊島が初タイトル棋聖獲得 羽生の100期はお預け

 将棋の第89期棋聖戦5番勝負第5局は17日、東京都千代田区で指され、挑戦者で後手の豊島将之八段(28)が108手で羽生善治棋聖(47)を破り、3勝2敗で初タイトルとなる棋聖を獲得した。羽生棋聖は前人未到のタイトル通算100期獲得にあと1期と迫っていたが、10月に開幕する竜王戦に持ち越された。

 これで羽生前棋聖が竜王の一冠に後退したため、八大タイトルの複数保持者がいなくなった。別の棋士でそれぞれ分け合う群雄割拠の状況は、七大タイトル時代の1987年以来31年ぶりとなる。

 豊島新棋聖は、今回が5度目のタイトル挑戦だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る