PR
PR

奇才ダリに迫る 函館美術館で鑑賞会 「繊細さもあり高い画力」

 スペインの画家ダリの版画を並べた「奇才・ダリ版画展」(北海道新聞社など主催)を開催中の道立函館美術館(函館市五稜郭町)で16日、「道新ぶんぶんクラブ」会員対象の特別鑑賞会が開かれ、約120人が奇想天外な表現で描かれた非現実的な世界を堪能した。

 作品鑑賞に先立ち、同館の柳沢弥生主任学芸員が主な展示作品の見どころをスライドで解説。ぐにゃりと変形した時計のほか、大小の円を書き連ねて描いた半身半馬のケンタウロスなどの作品を挙げ「奇抜なだけでなく、繊細さもあり、高い画力を持っている」と説明した。

残り:174文字/全文:420文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る