PR
PR

日米原子力協定が自動延長 再処理、米通告で停止も

 日本に原発の使用済み核燃料を再処理してプルトニウムを取り出し再利用することなどを認めた日米原子力協定が、発効から30年間の期限を迎え、17日に自動延長された。今後は、米国からの通告があれば一方的に破棄され再処理ができなくなる不安定な状態となる。日本が保有する大量のプルトニウムを巡り、米国側は懸念を強めており、日本の原子力政策に影響を与える可能性がある。

 日本が国内外に保有するプルトニウムは約47トンに上り、核兵器約6千発分に相当。核保有国以外では突出して多く、削減が急務となっている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る