PR
PR

西日本豪雨 ボランティア3万人超 想定大きく上回る

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛3県で、14日からの3連休中のボランティア参加者が少なくとも約3万2千人に上ったことが16日、各県の社会福祉協議会への取材で分かった。各県とも1日当たり約2千人と想定しており、3日間で1万8千人以上と見込まれたが、大きく上回った。

 各県に複数設置された災害ボランティアセンターに登録し、実際に活動した人数を社会福祉協議会が集計した。県別では岡山県が約1万2千人、広島県が約1万4千人、愛媛県が約6千人。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る