PR
PR

米ロ首脳、核軍縮協議継続 関係改善の必要性一致 初の本格会談

 【ワシントン平畑功一、モスクワ小林宏彰】トランプ米大統領とロシアのプーチン大統領は16日、フィンランドの首都ヘルシンキで会談した。両首脳は「新冷戦」と呼ばれる水準まで悪化した米ロ関係の改善の必要性を確認。2021年に期限切れを迎える米ロ戦略核弾頭の配備上限を定めた新戦略兵器削減条約(新START)の延長を含めた核軍縮協議の継続で一致した。

 両首脳は会談後、共同記者会見に臨み、プーチン氏は「主要な核保有国として、われわれは特別な責任を負う。軍縮に協力することが必要だと信じる。これには新START条約の延長も含まれる」と表明。トランプ氏は「非常に建設的な数時間を過ごした。こうした会談を頻繁に続けることでも合意した」と述べた。

残り:246文字/全文:561文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る