PR
PR

町民に見守られ愛誓う 上富良野で10年ぶりラベンダー結婚式

 【上富良野】今年で40回目となる「かみふらの花と炎の四季彩まつり」が15日、町内の日の出公園で開かれ、ラベンダーが咲く丘で挙式するラベンダー結婚式が復活した。あいにくの雨で、丘の麓にある祭りステージ上での式になったが、町内在住の2人が町民らに見守れながら永遠の愛を誓った。

 結婚式は祭りの名物の一つとして行っていたが、予算などの関係で2008年を最後に中止。今回は40回目の節目ということもあり、復活させた。

 結婚したのは町内で居酒屋を営む東京出身の茶谷朋弘さん(27)、札幌出身の幸恵さん(24)。2人は親族や友人、祭りの来場者の前で「笑顔の絶えない、明るい家庭を築きます」と宣誓し、指輪交換や誓いの口づけをした。向山富夫町長が音頭を取り、町内限定販売のプレミアムビールで乾杯。色とりどりの風船が打ち上げられ、2人の門出を祝った。

残り:84文字/全文:451文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る