PR
PR

将棋の藤井七段、NHK杯敗退 初戦で今泉四段に

 将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(15)は15日に放送された第68回NHK杯トーナメント1回戦で、今泉健司四段(45)に敗れた。今回が初戦だったが、2回戦に進めず同棋戦の敗退が決まった。これで高校進学後、2018年度の通算成績は10勝3敗となった。

 対局は藤井七段の後手番。終盤まで難しい局面が続いたが、最後は相手の攻めが決まり、押し切られた。

 勝利した今泉四段は14年、プロ編入試験に合格し、戦後最年長の41歳で会社員から転身した異色の棋士。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る