PR
PR

「二度と起こさぬ」 ドリームビーチひき逃げ事件4年 小樽

 小樽市銭函の「おたるドリームビーチ」近くで海水浴帰りの女性4人が死傷した飲酒ひき逃げ事件の発生から4年を迎えた13日、事件現場周辺など後志管内各地では飲酒運転根絶に向けた啓発活動が行われた。関係者は再発防止への決意を新たにしていた。

 事件現場そばの献花台は、多くの花が供えられた。海の家の関係者や近くの住民らが花を手向けて手を合わせていた。海の家「ぷらっと」の経営者千葉秀樹さん(47)は「このような事件を二度と起こさないという意識を海の家全店で大切にしたい」と話した。

残り:521文字/全文:757文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る