PR
PR

DV被害者の書類紛失、川崎 見つからず再転居

 川崎市は13日、ドメスティックバイオレンス(DV)被害に遭い、神奈川県内の施設に一時保護されていた女性の転居先などが記された書類を紛失したと発表した。見つかっておらず、女性は再び転居を余儀なくされた。

 市によると、女性は5月29日に施設から転居。その際に立ち会った女性職員が、施設側から女性の氏名や生年月日、転居先が記された「退所通知書」を受け取ったが、帰宅後に紛失に気付いた。翌30日に上司に報告し、立ち寄り先などを捜したが見つからなかった。

 市は女性に謝罪し、警察に遺失物届を提出。女性は7月初旬に再転居し、かかった費用約30万円は市が負担した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る