PR
PR

核燃サイクル工場の審査、最終盤 合否判断秋以降、青森県六ケ所村

 原子力規制委員会は13日、日本原燃が稼働を目指す使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の審査会合を開いた。再処理工場は国の核燃料サイクル政策の中核施設。審査は最終盤で、会合では再処理工場周辺の火山が噴火しても、安全性に問題がないかなどを議論し、主要な審査はおおむね終了した。次回審査で火山に関する一部の議論を継続し妥当と判断すれば、原燃の安全対策全般を記載した「審査書案」の作成に入り、規制委が会合で了承すれば事実上の合格となる。更田豊志委員長は、審査書案の判断時期を今年秋以降としている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る