PR
PR

新興5カ国、米に対抗 中国「保護主義に反対」

 【北京共同】中国外務省の張軍次官補は13日、記者会見し、米国が「世界各国に貿易戦争を仕掛けている」と非難した上で、南アフリカで7月下旬に開かれる新興5カ国(BRICS)首脳会議で、保護主義への反対を確認するとの見通しを示した。

 張氏は「米国が仕掛けた貿易戦争は世界経済にとって深刻な脅威だ。BRICS各国は明確に保護主義に反対している」と述べた。「中国は貿易戦争を望まないが、現在の状況では徹底的に受けて立つしかない」と、米国への対抗姿勢をあらわにした。

 BRICSはブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカで構成している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る