PR
PR

サクランボ、大粒の実り 壮瞥の果樹園シーズンたけなわ 佐藤錦や水門を食べ比べ

 【壮瞥】滝之町と壮瞥温泉の約20カ所の果樹園でつくる「そうべつくだもの村」でサクランボ狩りのシーズンが本格化し、観光客らでにぎわっている。

 今月上旬に始まり、12日現在で7カ所が受け入れている。滝之町の国道453号沿いにあるフジモリ果樹園では佐藤錦をメインに水門や南陽など約10種類を栽培。園主の藤森元さん(56)は「実も大粒で、サクランボ狩りを楽しめる分の量は確保できた」と話す。

残り:116文字/全文:308文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る