PR
PR

清張に“新ミステリー” 12歳の詩?同人誌で発見

 作者を「松本清張」とする一編の詩が、大正時代に発行された同人誌に掲載されているのを、北九州市の古書店主が見つけた。社会派推理小説で知られる松本清張本人の作品だとすると発表当時は12歳。少年期の作品はこれまでに見つかっておらず「貴重な発見」との評価の一方で、本人の作品かどうかを疑問視する意見もあり作品さながらの“ミステリー”として注目される。

 詩が見つかったのは同市八幡東区の古書店主、今井敏博さん(62)が昨年知人から購入した古書で、1922年に現在の北九州市小倉北区で発行された同人誌「とりいれ」。詩作「風と稲」の作者は「小倉 松本清張」と記されていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る