PR
PR

日仏友好イベント開幕 多彩な日本文化を紹介

 【パリ共同】日仏友好160年を記念し、古典芸能や美術から建築、食、映画まで、日本の多彩な文化をフランスで紹介する大規模イベント「ジャポニスム2018」が12日(日本時間13日未明)、パリで開幕した。開会式に出席した河野太郎外相は「日本とフランスの最初の橋渡しをしたのは文化だった。日本文化の粋をご堪能いただきたい」とあいさつした。

 ジャポニスム2018は来年2月にかけて、パリを中心に開催。江戸時代に活躍した絵師伊藤若冲や、建築家の安藤忠雄さんの展覧会、中村獅童さんらが出演する歌舞伎公演など67の公式企画が予定されている。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る