PR
PR

夏まつりは「馬力綱引き」 新ひだかで27日 町民有志が初企画

 【新ひだか】馬産地らしい新競技で町内を盛り上げようと、参加者が四つんばいになり互いに綱を引き合うユニークな「馬力綱引き選手権大会」を町内の有志が企画した。新ひだか夏まつり開催中の27日夜に開く。勝ち抜き戦で会場を盛り上げ、地域活性化も図りたい考えだ。

■四つんばいで30秒間引き合い

 運動会の綱引きで使う太い綱に五つの輪状の綱を取り付け、女性1人を含む5人が1組となり、それぞれが肩に輪を引っかけ、四つんばいの体勢で引き合う。1試合30秒で、綱をどれだけ引き込めるかを競う。

残り:372文字/全文:609文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る