PR
PR

札幌市、五輪招致時期で意見交換会

[PR]

 冬季五輪・パラリンピック招致を巡り、札幌市は12日、日本オリンピック委員会(JOC)のほか、道や会場候補地の3市町、道内経済4団体などによる意見交換会を15日、札幌市内で行うと発表した。これまでの招致活動や国際情勢を踏まえ、目標を2026年にするか、30年にするかなどの戦略について関係者で足並みをそろえる狙いだ。

 札幌市の秋元克広市長が呼び掛けた。JOCの橋本聖子副会長や高橋はるみ知事、帯広市の米沢則寿市長、北海道商工会議所連合会の岩田圭剛会頭、冬季オリンピック・パラリンピック競技団体連絡会議の伊藤義郎会長ら12団体の代表が一堂に会す。参加者がそれぞれの立場から、望ましい招致の目標時期などについて意見を述べる。

残り:156文字/全文:466文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る