PR
PR

クマゲラ幼鳥 山へお帰り 三笠の小松さん、カラスから保護

 【三笠】市内榊町の小松俊夫さん(64)が10日、町内の住宅街でカラスに襲われているクマゲラの幼鳥を見つけ、保護した。市内の鳥獣保護員が手当てをし、11日に山に放した。

 小松さんが車を運転中、路上で幼鳥より一回り大きいカラスにつつかれている姿を発見。車を降りてカラスを追い払うと、クマゲラは近くの街路樹に登り、枝と葉の間に身を潜めた。

 小松さんが市環境衛生係に連絡したところ、駆けつけた市職員と鳥獣保護員が、木の上にいるクマゲラを保護した。その時点では飛べる状態ではなかったという。

残り:160文字/全文:401文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る