PR
PR

隈研吾氏の寒冷地住宅を客室に 大樹のメムアースホテル9月開業

 【大樹】建築家の隈研吾氏が監修した寒冷地向けの実験住宅など、民間の研究施設を活用した宿泊施設「メムアースホテル」が9月中旬、十勝管内大樹町の牧場跡地にオープンする。実験住宅は、アイヌ民族の伝統的家屋チセをモチーフに、断熱性に優れる客室として開放。放送作家・脚本家の小山薫堂(くんどう)氏らが設立した運営会社が運営に当たる。

 研究施設は、一般財団法人LIXIL(リクシル)住生活財団(東京)が2011年、同町芽武(めむ)の18万5千平方メートルの牧場跡地に整備。小山氏が経営する東京の企画会社などは16年夏、施設を借りて試験的にホテルを開業後、新たな運営会社を設立し本格オープンを目指してきた。

 メインの客室は、隈氏が設計した実験住宅「メーム」。光を透過する2重の膜材で屋根、壁を造ることで、柔らかな外光が室内に入る。1階建て約80平方メートル。暖房には地熱を利用、暖気を膜の間に通すことで断熱性を高めた。ほかに牧場の厩舎(きゅうしゃ)を改装するなどし、複数の宿泊棟を設ける。

残り:220文字/全文:658文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る