PR
PR

江差町が公用車を車検切れで3日間使用 町長おわび

[PR]

 【江差】檜山管内江差町は11日、公用車1台を車検切れの状態で3日間使用していたことを、町議会全員協議会で報告した。

 町によると、公用車は6月23日に車検が切れた後、25~27日に計5回、職員5人が業務で町内を計14キロ走行した。

 この公用車は2011年にリース契約で導入、契約終了の今年4月から町の所有になった。自動車損害賠償責任保険(自賠責)は更新したが、担当職員が車検日を失念。リース契約時のディーラーからの問い合わせで6月27日に判明した。

 町は9日、事実を江差署に届け出た。同署は道路運送車両法違反(無車検)の疑いで町職員から任意で事情聴取する方針。照井誉之介町長は「警察の聴取を踏まえ処分を検討したい。町民に深くおわびします」と陳謝した。(古田裕之)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る