PR
PR

技術革新ランク、中国は17位 初のトップ20入り

 【ジュネーブ共同】世界知的所有権機関(WIPO)などが10日公表した2018年版の「技術革新ランキング」によると、中国は前年より五つ順位を上げ17位となり、ランキング開始以来、初めて上位20位に入った。研究開発を重視する政策が知識集約型産業への転換を導いていると評価された。スイスが首位、日本は前年より順位を一つ上げて13位だった。

 中国の上位20位入りは、技術革新の先進地域となったことを意味し、WIPO事務局長は「多極的な技術革新の時代の到来を告げている」と強調した。

 ランキングは世界126カ国・地域を調査。オランダが2位、スウェーデンが3位となった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る