PR
PR

LS北見とハイ、チーズ! オホーツク管内に顔出し看板 「6人目のメンバー」に

 オホーツク総合振興局と管内18市町村によるPR事業「オホーツクール」の一環で、大使を務めるLS北見の「顔出し看板」が管内各地でお目見えし、市民や観光客を楽しませている。

 看板は高さ、幅ともに1・7メートル。穴が空いた部分から顔を出すと、等身大のLS北見の5人の間で「6人目のメンバー」になれる仕掛け。北見市は2個、他の市町村には1個ずつ配られた。各地で順次、観光地などに置いてもらい、オホーツクのPRにつなげる狙いだ。

 看板は9日、網走市の道の駅「流氷街道網走」に管内初登場。10日には北見市立中央図書館に設置された。

残り:97文字/全文:357文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る