PR
PR

函館から札幌市内まで定額運行 桔梗ハイヤー メーターより1万円安く

[PR]

 桔梗ハイヤー(函館)は10日、函館駅や新函館北斗駅と札幌市内を5万円前後の定額運賃で結ぶタクシーの運行を始めた。札幌市内の中心部や一部の幹線道路沿いなどで降車することができる。災害などによる鉄道運休時や身内の不幸といった緊急時の利用を見込んでいる。

 北海道運輸局函館運輸支局によると、函館駅―札幌駅など特定の施設間を定額運賃で運行する例はあるが、札幌の一定の範囲内で自由に降車できる定額運賃の導入は、函館のタクシー会社で初めて。

 料金は標準的な4人乗り小型車の場合、函館駅からが片道5万2千円で、新函館北斗駅からは4万7500円。降車する場所によるが、いずれも通常のメーター料金と比べて1万円程度安くなるという。ルートは、国道5号、230号を経由し、中山峠を越えて定山渓を通り、札幌市内中心部へと向かう。

残り:178文字/全文:531文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る