PR
PR

熱中症予防、意識的に水分を 目立つ住宅での発症

 すっきりしない天気が続いている。気温や湿度も上がり、道内でも熱中症の患者が増えつつある。屋外より住宅での発症例が多く、特に高齢者は患者の6割を占める。今後、道内は平年より気温が高く推移することが予想されており、専門家は「こまめに水分補給をしてほしい」と呼びかけている。

 熱中症は高温多湿にさらされ、発汗による体温調整がうまくできなくなり、体に熱がこもることで発症する。主な症状は頭痛やめまい、吐き気、倦怠(けんたい)感など。重症化すると意識障害やけいれんを起こし、最悪の場合は死に至ることもある。

残り:1192文字/全文:1441文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る