PR
PR

NIE実践校に544校 道内は36校 日本新聞協会

[PR]

 学校の授業などに新聞を活用するNIE(エヌ アイ イー)(Newspaper In Educationの略、「教育に新聞を」の意味)活動で、日本新聞協会は10日、2018年度のNIE実践指定校544校を了承した。このうち北海道は前年度と同じ32校で、都道府県別では東京都の35校に次いで2番目に多い。

 また、道内新聞社・通信社などでつくる北海道NIE推進協議会の独自認定校4校(前年度比1校減)も報告された。両方を合わせた道内指定校は36校。

 指定校には一定期間、新聞各紙が無償で提供され、授業などに活用される。全国の新聞協会認定校は前年度より6校減った。(山口恭司)

 道内の指定校は次の通り。

 【新聞協会認定校】

 ▽新規=あいの里東中、北野中、羊丘中、札幌新陽高(以上札幌)、嵐山中(旭川)、臼尻中(函館)、ゆうばり小(夕張)、空知太小(砂川)、札内南小(幕別)、美馬牛中(美瑛)、東川中(東川)、門別中(日高)、豊富高(豊富)

 ▽継続=盤渓小、札幌北斗高、札幌創成高(以上札幌)、愛宕中(旭川)、函館西高(函館)、白蘭小(室蘭)、北陵中(小樽)、富岸小(登別)、柏陵中(根室)、俵橋小(中標津)、栗山小(栗山)、古舞小(幕別)、上浦幌中央小、上浦幌中(以上浦幌)、早来中、追分高(以上安平)、鹿追中(鹿追)、厚賀中(日高)、緑南中(音更)

 【協議会独自認定校】

 ▽新規=早来小(安平)、北翔大短期大学部(江別)

 ▽継続=札幌手稲高(札幌)、士別中(士別)

全文:630文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る