PR
PR

タレントが児童虐待防止を要望 結愛ちゃん事件にショック

 エッセイストの犬山紙子さんやタレントの真鍋かをりさんらが10日、厚生労働省を訪れ、児童虐待防止に向け、児童相談所の体制強化やLINE(ライン)での相談窓口の設置を求める要望書と、インターネットで集めた約5千人のメッセージを提出した。受け取った牧原秀樹厚労副大臣は「同じ気持ちだ」と述べた。

 要望書提出にはミュージシャンの坂本美雨さんら3人も参加。いずれも子育て中で、東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(5)が虐待されて死亡した事件にショックを受け、ツイッターで「#こどものいのちはこどものもの」というハッシュタグを使って、児童虐待への意見を集める活動を展開している。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る