PR
PR

大麻ワックス所持容疑で当別の夫婦逮捕 自ら栽培か

[PR]

 【当別】北海道厚生局麻薬取締部は9日までに、大麻取締法違反(所持、栽培)の疑いで、石狩管内当別町茂平沢、自営業和田純児(35)、妻で看護師美咲(27)の両容疑者を逮捕、送検した。

 麻薬取締部によると、2人の自宅から大麻の幻覚成分を抽出して固めた「大麻ワックス」22グラムが見つかった。含まれる幻覚成分は自生大麻の約60倍で、少なくとも数百回分の使用量という。規制強化で入手が困難になった危険ドラッグの代用品として大麻の使用者が増え、ワックスの使用も広まっているとみられる。

 2人の逮捕、送検容疑は共謀して6月3日、自宅で乾燥大麻約275グラム(末端価格165万円相当)を所持したほか、大麻草19株(同81万円相当)を栽培した疑い。

残り:108文字/全文:424文字
全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る