PR
PR

参院定数6増案に批判集中 自民、10日採決方針

 参院政治倫理・選挙制度特別委員会は9日、「1票の格差」を是正する選挙制度改革を巡り、自民党が提出した参院定数を6増する公選法改正案を軸に質疑を行った。自民党案には野党から「党利党略優先だ」「参院選の正当性に傷が付く」と批判が集中。自民党は同党案の9日の採決を見送った。10日にも採決する意向で、11日を視野に参院を通過させる構え。今後、与野党の駆け引きが激化しそうだ。

 この日の特別委では、立憲民主、希望両党は共同提出した独自案の趣旨説明を実施。自民案のほか、国民民主、公明、日本維新の会の3党の独自案も併せて審議した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る