PR
PR

雨竜沼湿原への町道、路肩崩落で通行止めに 雨竜町「今季中の再開厳しい」

[PR]

 【雨竜】空知管内雨竜町は9日、高山植物の群落で知られる雨竜沼湿原に続く町道を、徒歩も含めて全面通行止めにしたと発表した。路肩が幅15メートル、高さ30メートルにわたり崩落したためで、3日を中心に降った大雨の影響とみられる。

 雨竜側から湿原や南暑寒岳へは登山できず、南暑寒荘などの施設も閉鎖。町は「今シーズン中の再開は非常に厳しい」とみている。

 町によると、現場は雨竜町の市街地から西に約20キロの山中。今後さらに被害が拡大する恐れがあるという。(星野真)

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る