PR
PR

「同性も配偶者」と提訴、名古屋 犯罪被害遺族給付求め

 2014年12月、名古屋市中村区の水野英明さん=当時(52)=が自宅で殺害された事件を巡り、同性のパートナーだった内山靖英さん(43)が9日、配偶者と同じ扱いを求めた犯罪被害者給付金の申請に対し、不支給とした愛知県公安委員会の裁定取り消しを求める訴訟を名古屋地裁に起こした。

 訴状によると、2人は約20年間同居、生計を同一にしていた。10年からは、内山さんの母親を介護するなど互いに夫婦と認識して生活しており、支給対象となる事実婚の関係に該当し、裁定は不合理だと主張している。

 内山さんは提訴後に記者会見し「性別は関係ないはずだ」と述べた。

どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る