PR
PR

ラグビー7人制W杯に小沢大ら 日本代表男女各13人を発表

 日本ラグビー協会は8日、米サンフランシスコで20~22日に行われる7人制ワールドカップ(W杯)に出場する日本代表の男女各13人を発表し、男子の小沢大主将(トヨタ自動車)や松井千士(サントリー)、女子の中村知春主将や大黒田裕芽(ともにアルカス熊谷)らが選ばれた。最終登録メンバー12人は渡米後に決定する。

 男女とも初の8強入りが目標。2016年リオデジャネイロ五輪4位の男子を率いる岩渕健輔ヘッドコーチは「20年東京五輪は(メダル獲得の)高い目標を掲げている。いい結果を持ち帰りたい」と述べた。女子の中村は「目標達成に向けて全力で戦う」と意気込んだ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る