PR
PR

大雨、各地の特別警報を解除 引き続き災害に警戒を

 日本列島は8日も活発化した梅雨前線の影響で、西日本と東日本の広い範囲で大雨になり、各地で土砂災害、河川の氾濫が相次いだ。気象庁は同日午後3時までに各地の大雨特別警報を全て解除したが、災害に巻き込まれないよう引き続き厳重な警戒を呼び掛けた。

 これまで特別警報が出たことがなくても観測記録を更新する記録的な大雨になっている地域が多く、注意が必要だ。

 気象庁によると、8日午前、岐阜県下呂市と高知県宿毛市ではともに観測史上最高の1時間に108・0ミリの猛烈な雨が降った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る