PR
PR

九州で不明3人捜索続く 大規模冠水の救助活動も

 大雨の影響で男女3人の安否が分からなくなっている福岡県では7日、県警や消防などが夜を徹しての捜索を続けた。大規模な冠水に見舞われた自治体では、自宅に取り残された人も多く生じた。JR筑肥線は佐賀県唐津市で線路内に土砂が流れ込み、電車が脱線した影響で、一部区間を除き始発から運転を見合わせた。JR九州が復旧を急ぐ。

 北九州市門司区では6日、60代夫婦の住宅に土砂が流れ込んだ。警察官や消防隊員らは自衛隊と共に、二次災害を警戒しつつ慎重に手作業で掘り起こし、2人を捜した。福岡県筑紫野市でも、60代女性が濁流にのみ込まれて行方不明となっており、捜索が続いた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る