PR
PR

漫画「岳」モデルの小屋番 宮田さんが死亡 山岳救助携わる、カヤック中に

 北アルプスの穂高岳山荘の小屋番で、遭難者の救助活動にも携わっていた岐阜県飛騨市神岡町、宮田八郎さん(52)が、シーカヤックで海に出たまま行方が分からなくなり、静岡県沖で遺体が見つかっていたことが7日、分かった。山荘の社長によると、宮田さんは山岳救助を描いた漫画「岳」の登場人物のモデルになった。

 関係者などによると、宮田さんは4月5日、静岡県南伊豆町の海岸を2人乗りのカヤックで長野県松本市の男性と出た後、行方不明になった。

 5月23日に静岡県沼津市の沖合で身元不明の男性の遺体が見つかり、今月5日、静岡県警から家族に宮田さんと確認したと連絡があった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る