PR
PR

西日本で記録的な大雨続く 4府県に特別警報

 活発化した前線の影響で西日本と東日本では7日も記録的な大雨が続いた。気象庁は同日、岐阜県に大雨の特別警報を新たに出した。京都府、兵庫、岡山各県に6日出した警報は維持し、引き続き土砂災害に最大級の警戒を求めた。鳥取、広島、福岡、佐賀、長崎各県への特別警報は7日午後までに解除した。

 気象庁によると、九州から東北にかけて延びた前線に南から暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態は非常に不安定になっている。前線は8日にかけて北上し、それまでは西日本を中心に雷を伴った激しい雨、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨になる恐れがある。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る