PR
PR

英政権、離脱の基本方針策定 親EU路線、強硬派説得

 【ロンドン共同】メイ英首相は6日の特別閣議で、欧州連合(EU)からの離脱に向けた基本方針を取りまとめた。モノに限定した自由貿易の新たな枠組みをつくるなど、離脱後もEUとの関係を重視する内容。EUとの決別も辞さない離脱強硬派が反対していたが、6日朝から10時間以上かけて説得を続け、同意を取り付けた。

 離脱条件を巡るEUとの実質合意期限が秋に迫る中、交渉の膠着打開につなげたい考え。ただ、貿易分野などでEUの規則を受け入れる内容に、与党内の強硬派が反発を強める可能性もある。一方、英政府案は人の「移動の自由」を制限するとしており、EU側が受け入れるかは不透明だ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る