PR
PR

26年冬季五輪、グラーツも断念 札幌市参加の招致混迷

 【ジュネーブ共同】オーストリア・オリンピック委員会は6日、2026年冬季五輪開催を目指していた同国のグラーツが招致活動を断念すると発表した。ロイター通信によると、政治的な支援を得られないことが理由。6月にはスイスのシオンが住民投票での否決を受けて撤退を表明しており、札幌市が参加している招致プロセスは混迷の様相を呈してきた。

 立候補の可能性を探る第1段階には日本を含めて七つの国内オリンピック委員会(NOC)が参加申請した。だが、相次ぐ撤退で札幌市のほかにカルガリー、ストックホルム、エルズルム、共催案のコルティナダンペッツォ、ミラノ、トリノの五つに減った。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
ページの先頭へ戻る