PR
PR

オウム松本死刑囚の死刑執行 井上、新実ら計7死刑囚

 地下鉄、松本両サリン事件などオウム真理教による一連の犯行を首謀したとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われ、死刑が確定した松本智津夫死刑囚(63)=教祖名麻原彰晃=の刑が6日午前、東京拘置所で執行された。ほかに井上嘉浩(48)、新実智光(54)、中川智正(55)、早川紀代秀(68)、土谷正実(53)、遠藤誠一(58)=札幌出身=の6死刑囚の刑も東京、大阪、広島、福岡の各拘置所で執行された。一連の事件で死刑が確定した元教団幹部ら13人の中で初の執行。

 逮捕から23年。犯罪史上類を見ない数々の凄惨な事件を首謀した教団トップは、事件の詳細を語ることがないままの執行となった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る