PR
PR

菅井王位が先勝 将棋王位戦第1局

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之八段(28)が挑む第59期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の第1局が5日、愛知県豊田市の「ホテルフォレスタ」で指し継がれ、午後6時17分、133手までで先手番の菅井が勝ち、初防衛に向けて好発進した。

 持ち時間各8時間のうち、残りは菅井1時間、豊島1分。第2局は24、25日に「中の坊瑞苑」(神戸市)で行う。

 本局は、菅井の中飛車に豊島が居飛車で応戦。初日は互いに大長考するゆっくりした展開だったが、2日目は午前中からテンポ良く手が進んだ。菅井は駒損覚悟の7五銀(41手目)で激しい戦いに持ち込み、5四飛(63手目)からたたみかけるように攻めた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
どうしん電子版のご案内
北海道新聞 購読の申し込みはこちらから
新聞配達スタッフ募集
ページの先頭へ戻る